原田 信一(HARADA Shinichi)


担当授業科目

大学院

  • 技術科教育実践総論
  • 技術科教育実践特別演習
  • 技術科教育特講
  • 技術科教育特別演習Ⅰ

学 部

  • 技術科教育課題研究Ⅰ・Ⅱ
  • 小学校技術教材論
  • 中等技術科教育Ⅰ・Ⅲ・Ⅳ
  • 木材加工法・実習 など

授業の特色

大学院

 生徒の技術的能力を高める教材開発と実践的授業論から指導方法の在り方について考えていきます。具体的に指導法と題材(教材)を取り上げ、その指導計画並びに学習過程を分析したり、技術科教育に関する理念、教育目的論から内容論・方法論・教材論及び指導方法、評価などについて、具体的な実践例を踏まえてディスカッションしたりします。

学 部

 技術科担当教師としての実践的な教授能力を身に付けるための、技術分野の目標、内容、具体的な評価方法について学んでもらい、模擬授業などを通して実践的な指導力を磨いていきます。また、小学校段階における「ものづくり教育」についても考えていきます。


受験生のみなさんへ

 「ものづくり」が好きという人、授業を通して子どもたちに、ものづくりの楽しさや喜びをいかに体験させるかを考えてみたいという人は、ぜひ技術科へ来てください。現職の先生もお待ちしております。


研究活動

専 門

  ・技術科教育

最近の研究テーマ

 技術科の「ものづくり」では、作品の完成がゴールではなく、製作を通じて様々な技術的能力を身に付けさせるとともに、生徒の感性を育て、技術的素養をもった人格を形成することを目的としています。そして、そのことが結果として、個々の生徒の「生きる力」の育成につながり、さらには生徒の人間形成にまで学習の効果が期待できると考えられています。そのような考えに基づき、技術科教育の有益さや人間形成上の必要性について、大学の理論研究と学校現場の実践研究を結びつけた研究を進めています。


研究室について

方 針

  • 技術科教育研究室では,技術教育の題材開発と指導法に関する研究を行っています。
  • 児童・生徒の学習活動や教員の学習指導などの分析に基づいて、技術的能力の究明及び児童・生徒の状況を分析的に追求します。
  • 技術科教育の在り方を実践的研究から理論を生み出す研究に取り組んでいます。

めざす研究室像

  • 研究室ゼミに積極的に参加する
  • 自分の修士論文および卒業論文に関する研究に意欲的に取組む
  • 教職をはじめとする、卒業後の将来に向けて計画的に取組む
  • みんなが協力し合える                                            

これまでの修論・卒論テーマ

  • 中学校技術科の生物育成における学習経験を通した生徒の心的活動に関する題材開発
  • 中学校技術科「生物育成に関する技術」における題材開発と指導法の工夫-コンパニオンプランツを活用して-
  • 幼児期と児童期におけるはさみの技能変化の実態調査に関する研究
  • ものづくりを通したインクルーシブ教育型授業プログラムの提案
  • 小学校ものづくり教育における工具・用具の指導法-指導不安を感じるカッターナイフについて-
  • 小学校での米作り活動における児童の心理的な変化について
  • 中学校技術科生物育成におけるアクアリウムの教材開発
  • 中学校技術科における「生きる力」育成の現状調査
  • 技術科と理科とのクロス・カリキュラムの実践的研究による学習効果の検証
  • 小学校における米作り体験の児童の実態調査に関する研究
  • 小学校における万華鏡を活用したものづくりの授業実践
  • ものづくり学習における小中連携に関する研究
  • ものづくりにおける児童生徒の実態調査に関する一考察
  • バイオエタノールを媒介としたエネルギー変換と生物育成の複合教材の開発